FAQ

杭工事 よくあるご質問

Question

現場の杭を打つ一部に、高圧電線があるのですが、杭打機で打てるのでしょうか?

Answer

まず、お客様に調査して頂きたいのは、その高圧電線が何m上空にあって、何ボルトか、電線からの安全離隔距離は何mなのかを、最寄りの電力会社に聞いていただくことが重要になります。この調査結果が、高圧電線下での施工のカギとなります。もう一つ重要なのは、建物の構造上、杭の大きさ・長さ、どんな工法で打つのかが、同じく重要なカギとなります。なぜなら、杭打機のリーダーと呼ばれるヤグラの高さを短くするのには限界があるからです。しかも、大きい杭で、長さも長いとなると、施工上ハイリスクとなってしまい、取り返しのつかない事態になりかねませんので、別な工法を選択するという貴重な材料になるからです。既成杭であれば、杭の長さも3m~4mずつに小刻みにジョイントしていくスペックにしなければなりません。下記写真は上空17mに66,000Vの高圧電線があり、安全離隔距離が4mの場合で施工した写真です。つまり、機械の高さが13m以下でなければ施工が出来ないという条件でした。工法はプレボーリング拡大根固め工法(外掘)で、杭はφ500×10m(3m+3m+4m)で、DHP80ペガサスのリーダーを11.23m短尺仕様に改造し、地上高12.84mという仕様で施工しました。

▼高圧電線安全離隔距離一覧

(東北電力ホームページ参照)

  電圧 安全距離
配電線 6,600V 2m 以上
送電線 33,000V 3m 以上
66,000V 4m 以上
154,000V 5m 以上
275,000V 7m 以上
500,000V 11m 以上

また、この他にも疑問や現場の抱える問題点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

025-276-3355025-276-3355 (担当・山口)

受付時間:月~金 午前9時~午後5時(日・祝 休)

Webでのお問い合わせ